母になる

かなり久しぶりのブログ更新です。実は,ブログを辞めようと思っていました。 このブログを始めた時は、私個人の日記の様な感覚で始めていたのと、母国語が異なる義理両親へ、息子(私の主人)が日々幸せに暮らしている事をお知らせしたく、日本語は読めなくても写真は見れる!という思いで始めていました。
ある時、頂き物をUPしていたブログが続いていた時に「自慢話?」とご指摘を受け、頂いた方への感謝の気持ち、素直に心から嬉しかったことを綴っていただけなのですが、読んでいる方に不快な思いを与えている事を知り、非難や中傷、不快な事等、文章には気を使っていたつもりだったのですが..ショックで、それからブログを書く事を辞めていました。
ブログは一般公開されるものなので、表現や内容を気をつけて書かなくてはいけないことを気付かされたとともに、ブログを書きながら自分の心の整理を時々したりしていたのは、私個人の意見や時には感情的な文章になってしまっていたりと、また文書力の無い私の書き方が、良くなかったのかもしれません。
しかし、私が唯一長続きしている、このブログ。日記も家計簿も長続きしない私が、このブログだけは途切れながらも続けている。
私は現在、今までの人生の中で最高に素晴らしい時間を過ごす事が出来ていることを夫と出会って間もなくして始めたこのブログに綴っておきたいと思い再び書きはじめました。
それは、私は今年の秋に母になることです。しかも双子。 私は、自慢出来る幼少期〜学童期を過ごしておらず、妊娠を知った時は、喜びとともに、自分が母になって良いのだろうかという不安が襲ってきました。

Trip to Japan

一年は帰らないつもりでアメリカに引っ越してきましたが、一週間ほど帰省してきました。
やっぱりラーメンやっぱりラーメン

Rancho San Antonio ハイキング

久しぶりのハイキング。自宅から車で約15分のところにあるハイキングコースへ行ってきました。
Rancho San AntonioRancho San Antonio

やっかいな ストレートネック 克服してやる。

頭を支えている7個の頸椎は本来ならば生理的な彎曲がある。しかし、私の場合その彎曲がなくまっすぐな(ストレートネックという)おかげで神経を圧迫し様々な症状が出現している。
ストレートネックになってしまう原因は長時間のパソコン使用、勉強、事務等、猫背でうつむき加減の体勢を長時間とることが原因。
私の場合は、身長が165cmとそこそこ高い上、胴長であることにコンプレックスを持っており友人とレストランなどに行くと、目線を合わせるために猫背になる。
家でも胴長故に食事をする時に口元とテーブルの距離を近づけるために猫背になる。 パソコンを長時間、勉強でも机に座っている事が多い。
しかも、もともと首がやや長めであることからストレートネックにならない方がおかしいというところにようやく辿り着けた。
私のストレートネックからくる症状
頭痛、めまい、耳鳴り、目の奥の痛み、瞼のピクツキ、首痛、肩こり、腕、関節の痛み、しびれ、腫、動きの悪さ、背中、大胸筋痛、腰痛、尾てい骨痛、膝関節痛,足の腫、消化器症状。不眠と行った具合に多岐に渡り症状が出現している。
これらの症状がすべて同時に出る訳ではなく、調子のいい日は全然ない。しかし、現在デイケアで子どものお世話をするボランティアを行っている事から、抱っこが多かったり、忙しかった日や気温の低い日、疲れているとき等は症状が強くなる傾向がある。
これまで、診断されたのは 頸肩腕症候群。 慢性疲労症候群の予備軍。
ストレートネック症状と看護学生時代からつき合っているのでかれこれ1年半。この症状と色々なストレスも加わり、おかげで自律神経が乱れているといった状況であった。
日本にいたときは精神的ストレスから来ている身体症状だと思い込んでいたが、アメリカに引っ越してきて自分を見つめ直すきっかけが出来、冷静に自分自身をアセスメントしてみた結果、
ストレートネックによる多岐にわたる症状及びストレス付加による自律神経失調症(どうしても うつという言葉を使いたくない)と解釈するように決めた。

IKEA マットレス SULTAN  FJORDGARD 寝心地 合わない 評価

さようなら SULTAN FJORDGARD のマットレスさようなら SULTAN FJORDGARD のマットレス

My husband's Birthday's party 2nd.

友人が焼いてくれたチョコレートバースデーケーキ友人が焼いてくれたチョコレートバースデーケーキ

My husband's Birthday's dinner at home.

夫のお誕生日ディナー夫のお誕生日ディナー

Happy Valentine's Day

夫からの花束夫からの花束

抗生物質 乱用の恐ろしさ

こちらで看護師として頑張っている友人のブログを拝見し、私も同じトピックでブログを書きたくなりました。 それは『抗生物質』についてです。
私も看護師になる前は安易に抗生物質を飲んでいた1人でありますが、抗生物質を乱用した結果、耐性(耐性とは薬物を繰り返し投与することによって薬が効かなくなる事)ができ抗生物質が効かなくなるという事実を知り恐ろしくなり、それからは抗生物質を極力飲まないようにしています。
また、近頃では耐性菌という、抗生物質の乱用により突然変異した菌が増えて来ています。耐性菌の院内感染による死亡ニュースを時々目にします。(院内感染の原因になっています)
風邪のときに病院に行けば安易に処方される抗生物質は風邪を治すために飲んでいるのではなく、風邪が悪化して肺炎等になることを防ぐために予防的に飲んでいるだけなのです。
日本はすぐに抗生物質を処方しますが、風邪ではアメリカやヨーロッパでは処方しません。また、夫の母国、フランスでは「STOP抗生物質!とキャンペーンをしていたり、抗生物質が処方された場合、医師に本当に必要ですか?と尋ねましょう」と抗生物質を慎重に扱うようにテレビでコマーシャルが流れているくらいです。
そもそも、風邪は約9割がウィルスによって引き起こされるため抗生物質は菌に対して効く薬なので風邪を引き起こしているウィルスには効きません。
(ウィルスと菌は違うものです。)
病気にかかり、抗生物質を飲んで効かないと違う抗生物質に変え、それも効かないと他の抗生物質に変えとして行くことで多くの抗生物質が効かなくなるという悪循環を招き最終的にはどの抗生物質も効かなくなってしまいます。 一度、効かなくなってしまった抗生物質は再び効くようにはなりません。
なので、風邪ぐらいでは抗生物質は飲まない方が良いです。 もっと大きな病気にかかってしまった時のためにとっておいた方が良いと思います。
私が、風邪を引いてしまったときは風邪を引き起こしたウィルスに対する薬は無いため、よく食べ、寝て免疫力をあげて、対症療法(風邪の原因ではなく症状に対する薬)咳止め、トローチ、鼻水を止める薬等を飲んで治します。

Syndicate content